2012-09-10 (月)

感謝。。。そしてこれから。。。。

 あまりにもブログを更新していなくて、トップページもそのまま・・・もう誰も見て下さらないかもと思いつつ、あっという間に時が過ぎました。。。

 本当に怒涛のような8月、9月を過ごしました。仕事もウソみたいに忙しく、グレースフルーツのコンサートもウソのように楽しく、大成功のうちに終えることが出来ました。(ライブレポはまた後日)

 そして、先週、私は大切な友人を天国へ見送ることになりました。

 私をこうして、歌うことへ導いてくれた本当に大切な大切な友人でした。ここ数年、闘病中の彼女でしたが、あまりにも突然逝ってしまいました。

 なかなか事実を受け入れることが出来なくて、寝たんだか寝てないんだか、耳もあまり聞こえなくて、視界もぼーっとして、水槽の中にいるような夢うつつの日々を2、3日過ごしました。ふっと気を抜くと、彼女の顔が浮かんできて胸が張り裂けるようでした。

 お通夜、告別式、友人たちだけのしのぶ会と続き、あまり寝ていなかったので、この週末はとにかく寝ました。実家に帰り、母の手料理も食べ、甥っ子たちと一緒に寝たり遊んだりして(二人ともいい子にしてた)たくさん寝ました。 

 両親は何も言いませんでしたが、私のことはやはり気遣ってくれているようでした。母は日曜日に部屋の掃除を手伝いに来てくれ(ほぼ母がした)、一緒にお昼ご飯を食べたりしました。甥っ子たちの無邪気さに癒されました。

 ウォーキングして桜島を見に行ったり、エステに行ってお肌のお手入れをしたり、美容院へ行ったり、久々にネイルをしたりして、とにかく楽しいことをしました。

 今日は月曜日。職場へ行き、いつも通り仕事をしていたのですが、事情を知っている一部の上司、後輩の子たちが本当に私を気遣い、やさしくしてくれているのを感じました。一応、いつも通り笑顔で挨拶を言い、冗談を言い、てきぱきと仕事をしているつもりだったのですが、みんながさりげなくフォローしてくれているのをそこはかとなく感じました。

 そして“いつまでもこんなことではいけない”と強く感じました。

 彼女の分まで、仕事も歌も、笑顔で、みんなに感謝して一生懸命やっていこう!周りの人に感謝して、受けた愛情をきちんと返せる人間になろうと心から思いました。

 不特定多数の人が見るブログに、こういう出来事を書くのは最初はどうかと思いました。でもこの出来事が私の歌い手としての、そして人間としての生き方がきちんと決まったような気がしたので、きちんと残しておこうと思いました。

 一昨日のレッスンで、私の歌の先生のリレットさんが“歌うことは生きること”と教えてくれました。

 歌というのは練習がすべてじゃない。自分の意見をその場に応じてきちんと話ができること。仕事の仕方、人への接し方、愛し方、生き方・・・すべてが歌に通じるんだということ。いろんな人が言っている言葉だけど、今回は本当に骨身にしみました。音楽を通じて、素晴らしい出会いがいくつもありました。すごく幸せなことだと思います。

 そして、歌を歌っていて本当に良かった、続けて来てよかった、みんなに会えて彼女に会えて、本当に本当に良かったと思いました。

 また、前を向いてしっかり歩かねば!!

この記事に投稿されたコメント

コメントを募集しています

コメントを投稿する

* コメントフィード

ボーカリスト・Natsuko(向井奈津子)の公式ホームページ